大分市カヌー協会公式ホームページ

↑ここをクリックするとトップ画面に戻ります。
 

大分川・カヌー艇庫ハウス大分川

大分川の会場「ハウス大分川」です。

大分川の会場「ハウス大分川」です。

大分市の舞鶴橋〜弁天大橋の県庁側にあるカヌー艇庫「ハウス大分川」です。これは、土手の上から見た艇庫です。

道路から土手に上がって艇庫正面を見たところです。「ハウス大分川」は、トイレ、更衣室も完備しカヌーの出し入れも土手の上から直ぐに川に持ち出せるよう便利に作られています。平成15年4月には、初心者用のカヌー20隻がそろいました。中央の二つのシャッターが開きここからカヌーを出します。

大分市の舞鶴橋〜弁天大橋の県庁側にあるカヌー艇庫「ハウス大分川」です。これは、道路側から見た建物です。

このカヌー艇庫「ハウス大分川」は平成10年度に大分市によって建設されたカヌー用の艇庫です。建物は東京芸大の黒川哲郞氏の設計で、縦20m横14mの建物は、県産材を多く使った木造2階建で、一階が駐車スペースで二階がカヌー置き場になっています。

「ハウス大分川」の駐車場(建物下)

艇庫の道路側は、2階式の構造になっていて、1階部分は専用の駐車場になっています。(10台ほど可能)トイレと「ハウス大分川」の間も専用の駐車場になっており、ココにも10台ほどが駐車可能です。

「ハウス大分川」のトイレ

艇庫横にあるトイレです。このトイレは市民の方も使います。

「ハウス大分川」の更衣室

艇庫内に設けた専用の更衣室です。2部屋あります。

本館隣のトイレとの間に、サブ駐車場があります。10台程度駐車可能

本館隣のトイレとの間に、サブ駐車場があります。10台程度駐車可能

「ハウス大分川」の川原にて

そして平成15年4月には、初心者用のカヌー20隻がそろいました。艇庫より川原に出したカヌー20隻です。すべて大分市の所有で、初心者向けのカヌーです。

「ハウス大分川」前の大分川にて

春から夏、秋にかけて行っているカヌー講習会の様子です。現在は、ジュニアカヌー教室、のんびりカヌー教室、親と子で楽しむカヌー教室、中高年からのカヌー教室などの講習会を行っています。

大分川のカヌー艇庫です(自分のカヌーを保管できます。)

「ハウス大分川」の内部

「ハウス大分川」の内部


艇庫「ハウス大分川」
「ハウス大分川」には、個人所有のカヌーを保管することが可能です。
そのためには、保管の申請をする必要があります。申請は大分市役所、スポーツ振興課にお電話ください。 (097)537-5979  そして、艇庫内に保管場所を指定し自分の責任においてカヌーを保管し楽しむ事が可能になります。


大分市のカヌー艇庫に、カヌーを保管する
タグ