大分市カヌー協会公式ホームページ

↑ここをクリックするとトップ画面に戻ります

カヌーツーリング

九州の清流+温泉ツーリング

2017 年 春の五ヶ瀬川・ツーリング

 主催 大分市カヌー協会

今年は、宮崎の清流「五ヶ瀬川」を、2回目下ります。

場 所、五ヶ瀬川は、宮崎県北部を流れる五ヶ瀬川水系の本流で、延岡市から日向灘に注ぐ一級河川で、流域には300年の伝統を誇る鮎梁は秋の風物詩として有名であり、河原の簗場で鮎を焼く香ばしい香りは、環境省の「日本のかおり風景100選」にも選定されています。また、この川の脇には「高千穂線」という鉄道がありましたが、2008年の水害で修復不可能となり、廃止されてしまいました。 その代わりに「日之影バイパス」といって旧道より遙かに高いところを延岡から高千穂までを結ぶ218号線がこの地域の足になっています。
この道路と、河川、道の駅を利用して、昨年に続き今年の春も「五ヶ瀬川」をカヌーで下りたいと思います。
今回のコース図です

ヘルメット、ライフジャケット、靴は必需品です。スプレースカートのない方や全くの初心者にはおすすめできません。
私たちが下ったのは5月末ですが、6月からこの地区は「鮎つり」の方が全国からやっていますので、6〜9月の期間はおすすめできません。
 平成29年度の水位1,01mでした。
 
現在の水位表はここをクリック
期 日、   平成29年5月28日(日曜日)
 
集合場所、  大分は、午前7時にリバーパーク犬飼に集合して、カヌーを積み込み
       午前9時に宮崎県 五ヶ瀬川「道の駅北方よっちみろ屋」駐車場で宿泊、他県組と合流します。
 
時 間、   ツーリングは10時スタートし、1時には上陸し、カヌー回収後、昼食、温泉、解散
 
定 員    10〜15名程度。
 

申込方法   
申し込みタグ
子供や未経験者はツーリングには参加出来ません。

        保険の都合がありますので、5月20日までに申し込みフォームよりお願いします。
 
参加者名簿はここをクリック
宿 泊、  前日からの宿泊希望者は、27日午後3時に「道の駅北方よっちみろ屋」に集合し、
      下流「川水流鮎やな」付近にてキャンプ泊します。トイレあり。
鮎やなば

鮎のやな場です。

平成29年度の様子です。

前泊は、やな場横の横の牧牛場にて

前泊は、やな場横の横の牧牛場にて

前泊は、やな場横の横の牧牛場にて

前泊は、やな場横の横の牧牛場にて

前泊は、やな場横の横の牧牛場にて

前泊は、やな場横の横の牧牛場にて3名

スタート地点

ここが、スタート地点

スタート地点

沢横から川に入る

スタート地点

やっと沢から本流に出る。

スタート地点
スタート地点

かなり浅い。

スタート地点
スタート地点
スタート地点

水量と流れが出てきました。

水量と流れが出てきました。
水量と流れが出てきました。
水量と流れが出てきました。
水量と流れが出てきました。
水量と流れが出てきました。

やっと発電所したの瀬に出る。

水量と流れが出てきました。

水量と流れが出てきました。

水量と流れが出てきました。

発電所下

水量と流れが出てきました。

発電所下

水量と流れが出てきました。

発電所下

発電所下

発電所下

発電所下

発電所下

発電所下

発電所下の静水。架橋下で

発電所下
発電所下
発電所下
発電所下

高架橋下の2つに分かれた瀬

発電所下
高架橋下の2つに分かれた瀬

高架橋下の2つに分かれた瀬

高架橋下の2つに分かれた瀬
高架橋下の2つに分かれた瀬

この後、7〜8つの瀬が続く

高架橋下の2つに分かれた瀬
高架橋下の2つに分かれた瀬
高架橋下の2つに分かれた瀬

ゴールはこの橋下で。

高架橋下の2つに分かれた瀬

坂道を持ち上げます。

ゴール地点
ゴール地点

到着

〆は、チャンポンで

〆は、チャンポンで


動画 はここをクリック