大分市カヌー協会公式ホームページ

↑ここをクリックするとトップ画面に戻ります。
 

カヌーツーリング

日独両国のスポーツ少年団のリーダー125名が互いに相手国を訪問し、グループに分かれて各地でホームステイをすると共に、スポーツ交流や視察研修等のプログラムを18日間にわたり実施する交流事業です。
 

大分市では、4泊5日の日程で受入を実施し、ドイツ団が市長に表敬訪問するとともに市内で研修を行います。
 
8月1日(火):歓迎レセプション
8月2日(水):県教育長表敬、市長表敬、うみたまご、高崎山
8月3日(木):ディスカッション、調理実習
8月4日(金): カヌー体験、座禅体験、お別れパーティー
 

今回は、大分市からの依頼でドイツのバイエルン州からやって来た学生さんに、しばし大分川で自然を満喫して欲しいと思って、カヌー体験をしてもらいました。