大分市カヌー協会公式ホームページ

↑ここをクリックするとトップ画面に戻ります

カヌーの定義

 カヌーとは、両方か片方についたスプーンの様なもので前向きでそのオール(パドル)を動かして漕ぐものをカヌーと呼びます。(後ろ向きで漕ぐのはボート)本体のカヌーには様々な種類があり、大きく分けると上部が大きく開いているものをカナディアンカヌー、体を入れるところだけ空いているカヌーを「カヌー」「カヤック」と言います。これが競技カヌーになるとプールの様な静かなところで漕ぐ「スプリント艇」といい、一般の方には乗る事さえ難しく1度に乗る人数も1人、2人、4人と有ります。 川の流れの激しいところで漕ぐ「スラローム艇」や「ワイルドウォーター艇」などが有ります。どれも初心者が乗るのには向いていません。カヌーの材質は、最近ほとんどカーボン製で8〜9kgと軽くできています。
これに対して、川下りや初心者用のカヌーは、「ポリ艇」と呼びポリエチレン製で重さも10〜15kgほど重くできていますが、壊れにくく長持ちします。価格は8〜15万円程度で、中古艇は2〜3万円で出回っています。

カヌーの種類と、する場所について

 
カヌーは、もともとカナダやエスキモーの狩り人が、海や川で狩猟をするためにアザラシの皮と木の枝を骨組みにして作った物がカヌーの起源です。その後、アメリカやドイツ人が布で作ったりFRP(プラスチック)で作った事で世界中に広まりました。
 
現在は、目的によって種類も多く色々ありますが、大分県内で普通に使われているカヌーは、大分川で高校生が乗っている競技用カヌー(スプリント艇)
 
次に、リバーパーク犬飼でゲートを下げてやっているスラローム艇(カーボン製)と、初心者の方がカヌーと呼んでいる色の付いたポリエチレン製カヌーが一般的です。
 
海では国東や佐伯の海で乗る「シーカヤック」と言って4〜6mの長さで、舵があって荷物を積んで島などに行く事が出来るシーカヌーも有ります。
 
また、ダム湖や湖で多く使われている、上がオープンになっているカナディアンカヌーが有りますが、漕ぎ方が難しく不安定な所が有ります。
 
この他、最近人気があるプラスチック製のオープンデッキのカヌー(シットオン)が釣りの方に人気があります。また、「サップ」といって川や海で立って乗れる物も出てきています。この他ゴム製のカヌー(インフレータブルカヌー)があります。これは、軽くて転覆しにくいですが、風の抵抗を受けると進みにくいところがあります。

 大分のカヌー事情

カヌーを今から始めようとする人にとっては、海が近ければ「シーカヤック」「サップ」「シットオン」が良いし、また、湖やダムがあれば、カナディアンカヌーやポリエチレン製カヌーが良いかもしれません。いずれのタイプのカヌーにしても購入したら一人でするのではなくご自分が住んでいる地域のカヌー協会などと話してみるか、複数で行う様にして欲しいと思います。大分県内では、北から耶馬溪付近、山香農業文化公園の池、日田市中津江、天ヶ瀬、大分川、大野川、乙津川、リバーパーク犬飼、番匠川などで各市町村のカヌー協会が講習会を行っていると思います。
 
カヌーは、カヌーはある程度の大きさがあり(3〜4m)重いために、簡単に持ち運びができません。そこで、どこかに基地を設けてそこに置いておく、つまり艇庫の様な物に入れておいて、すぐ前にある川で遊ぶのが一般的です。大分市の「ハウス大分川」や、豊後大野市のリバーパーク犬飼艇庫が最も設備が充実していると思います。ご自分でカヌーを購入されたらこうした艇庫にカヌーを保管し、その協会に入って活動される方が安全だと思います。
この他に、自分の車にカヌー専用のキャリーを付けて運べば何処へでも行けますが、その際には、ライフジャケットを着用することと、その川の水の特徴(水量、場所によって流れにくせがあります)をしっかり分かった人にアドバイスを受ける方が安全だと思います。

スプリント艇で、1人、2人、4人、カナディアンタイプと種類が多様です。一般の方は載る事は不可能です。

スプリント艇で、1人、2人、4人、カナディアンタイプと種類が多様です。一般の方は乗る事は不可能です。

カナディアンカヌー、木製、プラスチック製、アルミ製とありますが、流れには不向きで、湖や静水に向いています。

カナディアンカヌー、木製、プラスチック製、アルミ製とありますが、流れには不向きで、湖や静水に向いています。

シーカヤックといい、長く舵が付いて、荷物を載せたりすることが出来て、海用で川には向きません。

シーカヤックといい舵が付いていて、荷物を載せたりすることが出来ます。長さがあるために川下りには向いていません。

スプリント艇で、1人、2人、4人、カナディアンタイプと種類が多様です。一般の方は載る事は不可能です。

ポリエチレン製カヌーで、一般の方には最も適したカヌーです。レベルによってカヌーを選ぶ必要があります。

ゴム製のカヌーで浮力があって軽いのが特徴です。

ゴム製のカヌーで浮力があって軽いのが特徴です。静水で風の抵抗を受ける欠点があります。

シットオンといって、最近釣りをする方や海で遊ぶのにはオープンで使いやすくなっています。

シットオンといって、最近釣りをする方や海でサーフィンして遊ぶのにはオープンで使いやすくなっています。

流れの中で行う競技カヌーです。軽いですが慣れないと操作しにくいです

流れの中で行う競技カヌーです。軽いですが慣れないと操作しにくいです

ラフトといって、ゴム製のボートで複数の方が乗る事が出来ます。

ラフトといって、ゴム製のボートで複数の方が乗る事が出来ます。

最近人気が出てきている「サップ」です。立って片方のパドルで漕ぎます。

最近人気が出てきている「サップ」です。立って片方のパドルで漕ぎます。

カヌーを運ぶ道具(キャリー)

カヌーを車で運ぶ「キャリー」と言います。スーリー、TERZO などのメーカーが一般的です。車を持参してサイズ調整やアタッチメントを合わせる必要があります。

カヌーを車で運ぶ「キャリー」と言います。スーリー、TERZO などのメーカーが一般的です。車を持参してサイズ調整やアタッチメントを合わせる必要があります。

車の上に付けるアタッチメントです。車種によって違いますから車を持ち込んで購入する必要があります。一般的には1万円前後です。

車の上に付けるアタッチメントです。車種によって違いますから車を持ち込んで購入する必要があります。一般的には1万円前後です。

これは、カヌーを複数運ぶ際に必要な道具です。カーショップに行って相談すれば対応してくれると思います。これにカヌーを寄せて専用のロープで縛る必要があります。

これは、カヌーを複数運ぶ際に必要な道具です。カーショップに行って相談すれば対応してくれると思います。これにカヌーを寄せて専用のロープで縛る必要があります。

カヌー以外に必要な物

カヌーに乗るにはパドルは離せません。木製からFRP製の物まで有ります。写真は軽いカーボン製のパドルです

カヌーに乗るにはパドルは離せません。木製からFRP製の物まで有ります。写真は軽いカーボン製のパドルです

浮力体といって、カヌーの後ろに膨らませて入れておくと、転覆して流されるときにカヌーが沈まないので初心者には必要です

浮力体といって、カヌーの後ろに膨らませて入れておくと、転覆して流されるときにカヌーが沈まないので初心者には必要です

カヌーに乗って川を下るときに岩などから頭を保護します。穴から水が出る様になってサイズの調整が出来ます

カヌーに乗って川を下るときに岩などから頭を保護します。穴から水が出る様になってサイズの調整が出来ます

カヌーに水が入るのを防ぐためのカバーで、スプレースカートといいます。カヌーによってサイズが違います。

カヌーに水が入るのを防ぐためのカバーで、スプレースカートといいます。カヌーによってサイズが違います。

浮力体といって、カヌーの後ろに膨らませて入れておくと、カヌーが沈まないので必要です。

浮力体といって、カヌーの後ろに膨らませて入れておくと、カヌーが沈まないので必要です。

救助ロープで、ロープ自体が浮く様になっており、流れている人に袋の方を投げて助けます

救助ロープで、ロープ自体が浮く様になっており、流れている人に袋の方を投げて助けます