大分市カヌー協会公式ホームページ

↑ここをクリックするとトップ画面に戻ります

スプリングカップカヌー競技大会について

第6回スプリングカップカヌー大会は、午前中から暑さの厳しい中で始まりました。
今回は、県内外から多くの参加者があり、犬飼町の審判団も6名ご協力いただき厳正なジャッジの中で大会が運営されました。スラロームのコースは例年上からやっていたスタートを、50m程下流の左岸に変更して、行われました。今年の大会の特徴としては特徴としては、鹿児島県が国体の地元開催を前にして若手の育成が順調に進み、ほとんどの部門にエントリーしていることや、c-1の参加が5〜6艇と増えてきたことが目立っていました。

スプリングカップカヌー大会
スプリングカップカヌー大会
スプリングカップカヌー大会
スプリングカップカヌー大会
スプリングカップカヌー大会